トップ

« 2010年05月 | メイン | 2012年03月 »

2012年02月 アーカイブ

2012年02月06日

CR-Vへのインストール開始

久々の更新になります。約1年半ぶり?

この間は色々とありまして、まずルーテシアは手放してしまいました。
ラパンへの移植はデッキのDRZ9255だけに留めています。

また以前は滋賀に在住していましたが、転職して北海道の故郷へ行き実家の酪農業を行うことになりました。
なのでまた作業環境はガラっと変わり作業台もより使い安いものへと変貌していますが、基本は変わりません。

長らくラパンのみの生活を送っていましたが、こちらへ来て下の写真の初代CR-Vを購入しました。
車代を安く押さえて機器につぎ込もうという計画。
でもこのCR-V、相場は底値だけどいい車よ。

インストール計画はルーテシアと同じくDynaudioのフロント2Way完結とします。
ただしデッキを今流行りのDEH-P01、アンプをBEWITHのR-107Sを4機とする予定。ある程度鳴らしこんでからBEWITHのレギュレータを入れて電源強化してみようかと思います。




CR-V


初代RD-1のCR-Vを30万円で購入。


ドア配線がやり辛いホンダ車ですが、今の生活に最も適していて安上がりの車を探したらこれになりました。


Door

インストールするドアの純正の姿です。

ツィータのMD100はミラー裏、ウーファーのMW160はドア下部にエンクロージャーを作ってインストールします。

Door

インストールする機器一式。 ヘッドユニット・・・DEH-P01
ツィーター・・・MD100
ウーハー・・・MW160
アンプ・・・R-107s × 4
これと写真にはないがレギュレーターのA-50Aを投入予定。

2012年02月15日

ドアミラー裏にツィーター(MD100)を取り付け

早速取り付けレポート。
まずツィーターのMD100は今回はドアミラー裏とします。
CR-Vのピラーがちょっと細めだったため無理のないドアミラー裏としました。
ただ、この場所だと配線をドアから通さないといけないから面倒くさい。

TW1

まずツィーターを収めるリングを作り、丸くくりぬいたミラー裏カバーにホットボンドで仮固定します。
もちろん位置決めは車内で。

TW1

パテ盛り1回目。
乾いて強固に固定されたら他の形のベースとなる板を貼り付けます。

TW1

パテ盛り2回目。

TW1

パテ盛り3回目。

TW1

パテ盛り4回目。

TW1

整形完了。貼るレザーは厚手なので細かな凸凹は無視。

TW1

アルカンターラ調の黒生地を貼り付けて完成。

今回からこのパテを使うようになりました。
めっちゃ作業性いいです。

2012年02月27日

MW160エンクロージャーの製作

Dynaudioの17cmウーハー、MW160CR-Vへの取り付けですが、ルーテシアと同様エンクロージャーを製作して取り付けたいと思います。
今回はFRPではなくラパンのようにMDFとパテのみで仕上げます。
目標として取り付け位置をなるべく上にし、リスナーに向けてスラントさせること。

ベースとなる板です。
取り付けの際はこの板を車側にビスで固定します。

内張りを大胆にカット。もう下取りに出すことはない車なので気が楽です(笑)。

スピーカーを収めるリングを作成しておき、ベースの板を車側に固定した上でスピーカーの位置、角度を決めて仮固定します。
ちなみに助手席側のグローブボックスはドア閉状態では開きません。
もっと角度を振りたかったけど、17cmサイズのスピーカーではこれで限界。

仮固定したリングの状態を維持しながらベースの板をBOX化していきます。

板を切り貼りしながらBOX化完了。綺麗に面で合わさるところは木工ボンドで固定し、点で接触することろはホットボンドで仮固定。

別の角度から。
2箇所の丸い穴はベースの板を車体に固定するために用意した物。BOXとは別空間としています。

パテを盛って削っての繰り返し。

純正の内装の下側がセパレートするようになっていたので、その部分と合体させる。
車に固定し、内装とフィットするようさらにパテ盛りと削りを繰り返し。
写真は既に完成した状態。

助手席側のを車に取り付けた様子。
思ったよりスマートに仕上がっててかっこいい。でも多少不恰好でももちょっと容量稼いでもよかったかな?

レザーを貼り付けます。 レザーはラパンなどでも使用したグレーのパンチングレザー。ヒートガンで温めながらやれば結構伸ばせるので大きな凹凸でもしわなく貼れます。

最後にポート部分の作成です。計算上、ポート共振周波数55Hzとすると直径2.5cmでのポート長さは7cmくらい。ほんとか?と思いつつまっすぐじゃ入らないので途中で屈折させます。 ちなみに材料は水道用の塩ビ管。

出口部分はアルカンターラ調の生地で仕上げます。

ユニットを取り付けた様子。なかなかいい感じじゃないの。。。

現行型のDynaudioの2wayシステム ちょっとした固定に便利なホットガン